ヨガで幸せ体質になりましょう

charis.yogaのsakiです

「こうなりたい」望む理想があることは生きていくうえでのエネルギーとなります

理想とは抽象的にこうなったら良いなぁと頭の中で思い描くこと

目標とは具体的に現実にするための行動指針

理想を思い描くときに、皆さんはどのようなことを考えるでしょうか・・・?

本当にこればかりは人それぞれで正解不正解もなく、その人らしさがでるでしょう。

ただ、理想を思い描くときにちょっと立ち止まって考えて欲しい

そんな話を書いていきます

幸せになりたい

きっと、多くの方が思うことでしょう

現状に何かしらの不満があり、これを埋めれば(例えば結婚などの人間関係や経済的な面、社会的地位や名誉など)幸せになれる

そう思う方も少なくはないでしょう

知り合いにも、しきりに幸せになりたいと言う方がいました

でもね

不満を埋めることが幸せですか?と私は思うのです

現状の不満を埋めるための行動は不自然ですよね

不満を埋めては足りず

また不満を埋めては、足りず

この繰り返しになってしまいます

埋めるために成し得たことって一時的なものに過ぎないんじゃないかと思います

生理痛がひどくて薬を飲んでしのぐようなもので、そのときは痛みはおさまっても根本的な痛みの原因を解決しないことには生理痛はひどいまま・・・これと一緒な気がします

幸せは求めるものではありません、感じ気づくもの

自分で決められるのです

不満を自分でつくりだして埋めようとしていませんか?

ないもの探し、ないものねだりは返って幸せの遠回りになってしまいます

不満を埋めるために人を仕事を社会を使ってはいけません

幸せは自分で決められるのです

「今」あることやものに目を向けて

きっと足りていることは沢山あります

「今」あることやものに目を向けることは1回切りではうまくいかず

何回も繰り返しながら学んでいく必要があります

それがヨガの時間、わたしはそう思っています

心を整えていくってそういうこと。

皆さん、ヨガで幸せ体質をつくりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です